相続にかかってくるお金

考える女性

遺品整理というのは親しい関係にあった人が亡くなった際に日頃から使用していた私物を整理して処分するなり形見分けするなり整理をすることですが、最近は遺品整理業者も随分と増えているので悲しみの中で心が落ち着かない場合は業者に依頼することも可能です。

遺品整理業者に依頼する場合に相続の対象となるものについては触れることができない範囲になり、これに該当するのがお金や証券、貴金属など価値が高いもので通常は遺産相続という形になります。

遺産相続を巡っては親しい身内であっても関係が悪化するくらい大きなトラブルに発展してしまうことがありますが、むしろ親しい仲だからこそ相手の嫌なところが見えてしまうことや裏切られた時のショックが大きいのかもしれません。

また、遺産相続をする場合は相続税という税金が発生することになりますが、現金であれば受け取ったお金から税金を支払うことができるものの、住宅や土地などの不動産については税金の支払いだけが必要になります。

不動産を売却して現金化にする方法もありますが、せっかく故人が残してくれた財産をすぐに売るというのも気持ちに抵抗があると思うので、税理士などに入ってもらって税金の支払いを抑える方法などを模索しましょう。

ちなみに相続税はすべてにかかってくるわけではなく一定の資産価値があるものではないと税金は発生しないため、事前にかかる税金の仕組みなどをきちんと確認しておく必要があります。