遺言の効力

40064672_30A

遺品整理をしている途中で遺言書が出てくるケースは少なくありませんが、もし遺言書が出てきた場合は故人が残した遺言に沿って形見分けや遺産相続が行なわれることになるので遺品整理をして自分達で分けることはできなくなる可能性があります。

遺言には大きく分けて公正証書遺言と自筆証書遺言がありますが、公正証書遺言の場合は封筒や紙にその旨がきちんと書かれているはずなので見ただけで分かると思います。

この場合は遺族が開けて中身を見ることができますが、もし何も書かれてない自筆証書遺言の場合は秘密証書の可能性があるので発見しても開封してはならず、家庭裁判所に足を運んで提出しなければならなくなります。

また、公正証書遺言であっても勝手に開封すると内容が改変されたと疑われるきっかけにもなってしまうので基本的には開封しないのがベストな方法となりますが、家庭裁判所で検認の作業が終わった後は遺言書が正しいものであると判断されたことになるので、これを元にして財産分与などが行なわれることになります。

遺品整理をする場合のトラブルとして多い遺言書の存在ですが、ここに書かれていることは故人が生前思っていたことなので意図をくみ取って従う気持ちが大切です。

また、遺言書がない場合に遺品整理した遺品を分与する場合はトラブルになることが多いので法律の専門家に入ってもらってトラブルのないように分与していくことが不要な争いを生まないようにするための対策になります。